考えついた人は商機あり

リユースと聞くと人が使い古したものを必要としている人に安価で譲るというイメージです。
ブランドのタグを変えて販売する、というタイプもあるんですね。
ブランドとしては洋服は売りたいけれど安売りをするとブランドイメージが悪くなるそうです。
ブランド名を知られないように厳密に管理。
買った洋服と同じだけど切り取ったタグは企業に返すし、一つでもタグがないとその洋服は販売できない。
洋服には洗濯タグもあるのでそちらも一緒。
普通の洋服に見えるのにブランド名も相まって2万とかで売ったって誰が買うんだろうね。
イギリスのブランド、バーバーリーが売れ残りを廃棄して批判を浴びたこともあって、かなり需要がありそうですね。
考えついた人は商機がありますね。

コメントは受け付けていません。